【県内】「酪王カフェオレ」パンケーキ人気 新商品、売り切れ続出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新発売され、人気を集めている「酪王カフェオレパンケーキ」

 郡山市の酪王乳業が製造している「酪王カフェオレ」を使用したパンケーキが本県、青森、岩手、宮城4県のミニストップで発売され、人気を集めている。18日は県内の大半の店舗で売り切れ状態となり、酪王カフェオレの根強い支持を改めて示した。

 ミニストップは、今後も酪王乳業と協力して酪王カフェオレを使った新たな商品の開発を検討している。

 酪王カフェオレを使った商品はこれまで数多く作られているが、ミニストップとのコラボ商品は初めて。

 今回はミニストップが、県内の店舗からの「酪王カフェオレを使った商品がほしい」との強い要望を受け、「酪王カフェオレパンケーキ」として商品化した。

 もっちりした食感のパンケーキに、酪王カフェオレ約6%を使用したホイップクリームをはさんでいる。カフェオレの香りが広がるクリームのすっきりとした甘さが特徴だ。

 ミニストップの担当者は「予想以上の売れ行き。今後もお客さまに楽しんでもらえるようなコラボ商品を開発したい」と話す。酪王乳業の担当者は「カフェオレのPRにもなり、ありがたい。これを食べて酪王カフェオレをまた飲みたくなったと言われたらうれしい」と述べ、次の商品開発にも協力する考えを示した。

 価格は128円(税込み)で、当面は2月末まで販売する予定(販売状況によって変更する場合がある)。