【平田】村内産『ハバネロ』で辛み調味料 福島・平田、道の駅ひらたで発売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
道の駅ひらたが発売する(左から)「ハバネロ一味襲来」、「ハバスコ」

 福島県平田村の道の駅ひらたは24日、村内産のハバネロを使った2種類の辛み調味料「ハバスコ」と「ハバネロ一味襲来」を発売した。

 ハバスコは、タバスコをイメージした商品。辛みの中にハバネロ独特の風味を生かした仕上がりで、パスタやピザのほか、鍋のたれや中華料理の隠し味にもお薦めという。

 ハバネロ一味襲来は、ハバネロを乾燥させて粗めの粉末にした一味。

 同道の駅では、ハバネロを使ったおかずみそ、煎餅、レトルトカレー、ソフトクリームなどの関連商品をそろえている。

 問い合わせは同道の駅(電話0247・55・3501)へ。