【郡山】カクテル『逢瀬ワイナリー×オランダの酒』 ホテルハマツ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
販売される(左から)「Jペール」と「ペルシク」

 郡山市のホテルハマツは、同市のふくしま逢瀬ワイナリーが生産したリキュールとオランダの酒を組み合わせたカクテル「ペルシク」「Jペール」を商品化し、14日から同ホテル9階のバー&ラウンジ「Oct.1(オクトワン)」で販売する。いずれも税込み1300円。

 同市が2020年の東京五輪に向け進めている、オランダとのホストタウン交流事業を後押しし、民間から交流の発展につなげようと開発した。

 ペルシクは、県産のモモ「あかつき」を原料にしたリキュールと同国デカイパー社のリキュール、バタースコッチキャラメルを組み合わせ、生クリームなどを加えた。デザート感覚で味わえ、やわらかい風味が特徴。

 Jペールは、県産のナシ「幸水」と「豊水」を使ったリキュールと同国ボルス社の「ジェネヴァ ジン」との組み合わせで、和梨のみずみずしくジューシーな味わいと香りを表現した。

 同ホテルの道下和幸総支配人は「郡山とオランダの経済、文化両面にわたる交流のきっかけとなれば」と力を込めた。