【福島】「アパホテル福島駅前」オープン 福島市内・最大級362室

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開業を祝いテープカットする関係者

 全国でホテルを展開するアパホテル(東京都)は1日、郡山市に続き県内2棟目となるアパホテル福島駅前を福島市にオープンした。JR福島駅西口に立地し、市内では最大級の362室を備えた。

 地上14階建てで客室はシングル279室、ダブル82室、DXツイン1室。50型以上の大型液晶テレビを設置しているほか、Wi―Fi(ワイファイ)の無料接続や節水可能なオリジナルユニットバスを導入した。外観は、街並みに合わせて一部にレンガ調のタイルなどを使用している。

 セレモニーにアパグループの元谷外志雄代表、アパホテルの元谷芙美子社長が出席。元谷社長は「ホテル建設が復興への貢献になると考えていた」と話した。テープカットや開業披露宴なども行われた。

 開業記念として4月末まで、1泊税込みでシングル4300円、ダブル5300円で宿泊できる。