【福島】温泉地で生活する猫や犬を紹介 「ねこ温泉いぬ温泉」写真展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「心温まる写真を見に来てほしい」と来場を呼び掛ける関係者ら

 全国の温泉地で飼われている猫や犬の姿を収めた「ねこ温泉いぬ温泉写真展」は31日まで福島市の高湯温泉共同浴場あったか湯で開かれており、各温泉街の看板猫・看板犬を写した写真に、来館者が心和らぐひとときを過ごしている。

 温泉ライターの西村理恵さん(横浜市)やフリーライターの滝野沢優子さん(天栄村)らでつくる「ねこ温泉いぬ温泉プロジェクト会」の主催。猫や犬の幸せと、温泉地の活性化を願って開催している。

 会場には、温泉地で生活する猫や犬が温泉療養している姿や、散歩している様子などを収めた写真74点を展示している。時間は午前9時~午後8時30分。木曜日は休み。