【福島】『花の絵手紙』募集 福島商議所女性会、4月30日まで

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
昨年の入賞作を手に応募を呼び掛ける(右から)横山副会長、斎藤会長、松川総務委員長

 福島商工会議所女性会は15日から、花のまち福島をテーマにした「花の絵手紙」を募集する。4月30日まで。福島民友新聞社などの協賛。

 花と街のふれあいプロジェクトの一環で、13回目。例年人気のコンクールで、昨年は全国から千点近くの応募があった。

 応募は、専用の応募はがき、官製はがき、はがき大の用紙のいずれかを使う。未出品、手描きの作品で、1人5点まで。送る相手は自由。

 5月15日に審査会を開き、入賞作品を選ぶ。

 同商議所創立100周年の節目を迎えた今年は「100周年記念賞」も設けられる。応募作品は5月30日~6月29日、福島市の中合福島店に展示する。また、入賞作品のポストカード製作も予定されている。

 作品は、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を記入し、郵便番号960―8053、福島市三河南町1の20、コラッセふくしま8階、福島商工会議所女性会へ送る。問い合わせは同会(電話024・536・5511)へ。

 同会の斎藤可子会長、横山りつ子副会長、松川佑子総務委員長は福島民友新聞社を訪れ、作品の応募を呼び掛けた。