【福島】色鮮やかな生け花作品 JR福島駅で「花文化展示会」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島市の春を告げる花々をふんだんに使った生け花に見入る佐藤駅長(右)と菅野組合長

 本県産の花きを使った生け花作品の展示会「花文化展示会」は31日まで、福島市のJR福島駅で開かれ、春を告げる色鮮やかな生け花作品が県都の玄関口を彩っている。県花き振興協議会の主催、JAふくしま未来の共催。

 観光客に福島の春を感じてもらおうと、今回で3回目。トウカイザクラやユキヤナギ、ダリアなど7種類の花きを使い、地元の華道家が同市の花見山をイメージした生け花作品4点が並ぶ。

 開会セレモニーは18日、同駅で行われ、同協議会の橋本栄市会長と、同JAの菅野孝志組合長があいさつ。会場提供のお礼にと、佐藤豪一駅長に花束を手渡した。