【伊達】感性育む教室いっぱい 「霊山こどもの村」再オープン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 冬季休業していた伊達市の霊山こどもの村が19日、再オープンを迎え、訪れた多くの子どもでにぎわった。4月まで企画展「きらきらのみ~つけた!」を開き、子どもの感性を育む各種ワークショップなどを展開する。

 19日に行われたワークショップ「光のうろこ」では、白河市の画家スズキヨシカズさんを講師に招いた。丸めたアルミホイルをハンマーなどでたたいて薄くし、色を塗るなどして、子どもたちがオリジナルの「うろこ」作りを楽しんでいた。

 スズキさんが収集した鉱物などの展示「『いしたちのないしょばなし』~石が話してくれたコト」も9月まで開かれている。開園時間は午前9時~午後4時30分。水曜日は祝日やゴールデンウイーク、夏休み期間を除いて休園。問い合わせは同施設(電話024・589・2211)へ。