【県北地区】切手シート「花見山」発売 福島の桜の名所...美しい風景を

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
発売された切手シート

 日本郵便東北支社は21日、福島市の桜の名所・花見山の写真を使ったオリジナルフレーム切手「ふくしま 花の郷 花見山」を発売した。同日、浅野不二男福島中央郵便局長らが同市役所を訪れ、切手を小林香市長に手渡した。

 花見山などをテーマに作品を募集した昨年度の「しのぶの里フォトコンテスト」の入賞作品10点をモチーフにし、桜満開の美しい花見山の風景をあしらった。贈呈式では、浅野局長と高島貞邦岩代大山郵便局長、山岸淳福島県庁内郵便局長、渡辺伸克福島豊田郵便局長、歌丸貞次福島花園町郵便局長が小林市長に目録を手渡した。

 切手は2007(平成19)年から発売されており、今年は3000部作製。1シートは82円切手10枚で価格は1300円。福島市など県北地方の郵便局計90局で販売中。