【白河】「関山」山開き 登山愛好者ら福島県・登山『一番乗り』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
登山を楽しむ家族連れら=白河市・関山

 県内の「うつくしま百名山」で最も早い山開きとして知られる白河市の関山(619メートル)の山開きは26日、現地で行われ、登山愛好者が待ちに待ったシーズン到来を喜んだ。

 県内外から約1100人(主催者発表)の家族連れや登山愛好家が訪れ、冬から早春へと移り変わる登山道の自然を楽しみながら、思い思いのペースで山頂へと歩を進めた。

 山頂では、山開き実行委員会が先着700人に記念の木守札を配布したほか、豚汁を振る舞い、登山者が体を温めた。また、登山開始前には、関山山開き15回目を祝う式典が行われた。

 タレントのなすびさんらが登場し、トークショーや餅まきで会場を盛り上げた。