【桑折】なでて邪気はらう...巨大な「厄除け桃」現る 桑折・諏訪神社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
参拝客の注目を集めている石製の「厄除け桃」=桑折町・諏訪神社

 桑折町の諏訪神社(菅野博輝宮司)の境内に縦と横60センチ、高さ57センチの巨大な「モモ」が現れ、参拝客の注目を集めている。

 台座の上で光沢を放つのは石製の「厄除け桃」。同神社が「献上桃の郷」である町の特産のモモをPRしようと取り付けた。中国では魔よけや不老不死、長寿の実とされるモモ。この厄除け桃をなでると邪気がはらわれるという。

 同神社によると、こうした「なで桃」を設置する神社は東北地方では初めて。菅野宮司は「参拝に来て、なでてほしい」と話している。