【福島】医王寺の「瑠璃光殿」館内リニューアル 新たに解説パネルも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新しくなった瑠璃光殿

 源義経と共に戦った佐藤継信、忠信兄弟の墓がある福島市の医王寺の宝物殿「瑠璃光殿(るりこうでん)」が改装され、参拝者らが連日訪れている。

 瑠璃光殿は、弁慶が奉納した笈(おい)(県重要文化財)、継信が所有した木地鞍(きじくら)(市重要文化財)など、佐藤兄弟や義経、寺を訪れた松尾芭蕉にまつわる資料を展示している。

 福島市制施行110周年を記念した「義経・与一・弁慶・静・継信・忠信合同サミット」が9月に開かれることなどから、館内を一新した。

 資料の展示方法や配置を大幅に変更。解説パネルを新たに設けて全体にストーリー性を持たせ、史料の歴史的な位置付けや価値を分かりやすくした。史料は今後も定期的に入れ替えていく予定。

 拝観料は大人(18歳以上)300円。問い合わせは同寺(電話024・542・3797)へ。