【飯舘】サポートセンター「つながっぺ」開所 健康増進や福祉向上へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が一部地域を除き解除された飯舘村に、帰還した村民がレクリエーションなどを通して触れ合えるサポートセンター「つながっぺ」が1日、オープンした。村民が自由に集まり交流することで、村民の健康増進や福祉向上につなげる。

 村から委託を受けた村社会福祉協議会が、村の診療所「いいたてクリニック」の空きスペースを活用して運営する。平日の午前10時~午後3時に利用でき、ボッチャや輪投げ、カラオケなどの軽運動やレクリエーションを楽しめ、昼食も取ることができる。趣味の製作活動などに充てる自由時間もある。

 交通手段がない利用者を、社協が無料で送迎する。送迎の前後には村内の施設に限っての「寄り道」も可能で、デマンドタクシーのような役割も果たすことで、帰還した村民の利便性も高める。

 利用は登録制で、原則帰村した村民が使える。利用料は無料だが、昼食代などで500円程度が必要となる。問い合わせは村社協(電話0244・42・1021)へ。