【二本松】「二本松の菊人形」開幕 歴史や文化を鮮やかに表現

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
秋の霞ケ城を鮮やかに彩る「二本松の菊人形」=14日、二本松市

 日本最大級の菊の祭典「二本松の菊人形」が14日、二本松市の霞ケ城公園で開幕し、色鮮やかな菊の競演などで来場者を楽しませている。11月23日まで。二本松菊栄会の主催。

 来年が戊辰戦争から150年に当たることから、今年は同戦争まで260年以上続いた江戸時代の歴史や文化をモチーフにした展示となっている。「江戸の賑わい」「大奥」「生類憐みの令」などを菊人形で表現した。初日は約1200人が来場した。

 時間は午前9時~午後4時。入場料は大人700円、障害者500円、中学生以下無料。問い合わせは二本松菊栄会(電話0243・55・5122、平日のみ)、菊人形会場(電話0243・23・5626)へ。