【三春】絵馬で知る三春の歴史 民俗資料館で特別展、50点を展示

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
絵馬展を内覧する関係者

 三春町歴史民俗資料館で14日、秋季特別展「絵馬―社寺に残る三春の記憶」が開幕した。来場者が絵馬を通して三春の歴史を感じている。11月26日まで。

 絵馬には、馬を描いて奉納したものや、子どもの成長や病気の治癒を願うもの、武術や俳句の成果発表として活用されたものがある。

 展示会には、同町の旧城下町の社寺に伝わる約50点を展示。幕府御用絵師の美術品のほか、庶民信仰に関わる作品を並べている。14日にオープン式が行われ、関係者が内覧した。

 時間は午前9時~午後4時30分。入館料は一般・大学生500円、小・中学・高校生250円。問い合わせは同館(電話0247・62・5263)へ。