【伊達】阿武隈急行・保原駅に彩る光 保原工業団地懇話会が点灯式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
点灯スイッチを入れる(右から)仁志田市長、井上会長、井上署長

 伊達市の保原町工業団地懇話会(井上要会長)は8日、阿武隈急行保原駅前広場でイルミネーション点灯式を行い、駅前に彩りを添えた。駅前の活性化と夜間の防犯を目的に毎年実施している。

 点灯式で井上会長、仁志田昇司市長、井上俊彦伊達署長がスイッチを入れると、広場中央の噴水に設置された約10メートルのクリスマスツリーに、昨年よりバージョンアップされた約1万5千個の光がきらめいた。点灯は来年1月31日まで。時間は午後5~11時30分。