【桑折】桑折の地酒「純米吟醸にごり酒」お披露目 3月3日から販売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
試飲を楽しむ参加者ら

 桑折町は23日、町が開発を進めてきたにごり酒の完成報告を兼ねた「純米吟醸にごり酒 完成報告 感謝の夕べ」を仙台市泉区の仙台ロイヤルパークホテルで開いた。

 海外からの留学生を含む宮城県在住者ら50人が参加した。会に先立ち、高橋宣博町長は「これからも町産品の認知とイメージアップを発信したい。おいしいにごり酒を楽しんでほしい」とあいさつ。開発に協力した国権酒造(南会津町)の細井信浩社長が商品説明を行った。

 にごり酒は同町の農業法人蓬田(蓬田定雄社長)が提供した町産米「夢の香(かおり)」と半田山の名水「香村(こうそん)金剛水」を使用、フルーティーな飲み口とほのかな甘みが特徴。3月3日から販売される。