【伊達】道の駅「伊達の郷りょうぜん」オープン 福島県内33番目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
地元の野菜などを買い求める来場者ら=24日、伊達市・道の駅「伊達の郷りょうぜん」

 伊達市で初めての道の駅となる「伊達の郷りょうぜん」が24日、同市霊山町の東北中央道「相馬福島道路」霊山インターチェンジ(IC)そばにオープンした。

 県内33番目の道の駅。情報・休憩コーナーをはじめ、地元の農産物などが並ぶ直売所、伊達鶏や地元産野菜を使った釜飯やパスタ、ピザなどの料理を提供するレストランなどを設けた。

 「食」に特化した運営で、農業を地盤とする同市の魅力発信に一役買う。

 同ICは現時点で「相馬福島道路」の西の玄関口にあたり、地元からは浜通りと中通りを結ぶ交流拠点、東日本大震災からの復興のシンボルとして期待されている。