【福島】土湯温泉・公衆浴場「中之湯」リニューアル 温泉街に新拠点!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 市内最大級の公衆浴場「中之湯」は26日、福島市の土湯温泉にリニューアルオープンした。同日、オープニングセレモニーが行われ、関係者が温泉街の新たな拠点の誕生を祝った。

 式典では木幡浩福島市長が「復興のシンボルにしようと整備してきた。中之湯を拠点に、土湯を楽しんで歩ける街にしていきたい」とあいさつし、加藤勝一土湯温泉町地区まちづくり協議会長ら関係者と共にテープカットを行った。

 中之湯は地上2階、地下1階。露天風呂付き大浴場のほか、外国人や障害者にも対応できる貸し切り風呂4室、休憩室2室がある。

 住所は福島市土湯温泉町字下ノ町5。営業は午前9時~午後9時。定休日は毎週火曜日。料金は大人500円(1歳以上12歳未満は250円)。お得な回数券もある。貸し切り風呂は50分定員3人で、料金は入浴料のほか1500円かかる。

 問い合わせは同施設(電話024・563・3991)へ。