【桑折】商工会の新会館完成 町屋風蔵造りをイメージ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新会館の前でテープカットする関係者

 桑折町商工会の新会館が同町字本町17の5に完成し22日、現地で式典が行われた。関係者がテープカットし、商工業の発展や地域活性化などを担う拠点の完成を祝った。

 同商工会は、東日本大震災で旧会館が被災したため、仮設事務所で業務を続けてきた。

 新会館は旧会館の跡地に建てられ、鉄骨2階建てで、延べ床面積は約280平方メートル。

 式典では、渋谷浩一会長が「まちの景観を考慮して町屋風蔵造りをイメージした。商工業者の支援や地域コミュニティーの形成を図る重要な施設になる」とあいさつ、高橋宣博町長らが祝辞を述べた。