【西郷】自然に感謝し頂へ 赤面山で山開き

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
苗木を手に山頂を目指す登山者ら

 西郷村の赤面山(1701メートル)の山開きは27日行われ、約600人の登山者が好天の下、山頂を目指した。

 山開きに訪れた登山者は、思い思いのペースで登山を堪能。山頂では村の特産品などが当たる抽選会が開かれたほか、下山後には豚汁が振る舞われ、登山の疲れを癒やした。

 また赤面山を緑にする会は、山開きに併せてスキー場のゲレンデ跡にブナやヤシャブシなどの苗木約140本を植栽。登山者は苗木の運搬に協力するなど、自然に感謝しながら登山を楽しんだ。

 登山口がある旧白河高原スキー場では安全祈願祭が行われ、村関係者が無事故を祈願。村観光協会長の高橋広志村長が「自然を満喫してほしい」とあいさつした。