【本宮】本宮で「英国祭」9月22日初開催 音楽や食、文化など紹介

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来場を呼び掛ける吉田委員長(左)と渡辺副理事長

 庭園を通じて生まれた本宮市と英国の絆を強め、発信したい―。もとみや青年会議所(JC、国分久徳理事長)は9月22日、同市糠沢の英国庭園などで英国と日本の食や文化などを紹介する「英国祭」を初開催する。入場無料。

 同市の英国庭園はウィリアム王子の訪問を縁に昨年11月に開園。昨年7月には本県復興への願いを込め開園した英国の福島庭園と姉妹庭園協定を結ぶなど、本県と英国との友好親善のシンボルとして知られている。

 英国祭は、音楽や食、車など日常生活に身近な分野に焦点を当て、英国と日本の相互理解を深める一歩になればと開催。食は英国のフィッシュ&チップスや日本の焼き鳥などを販売する特設飲食ブースを設置。交流ステージでは、本宮高も協力し、各種催しを行う。英国など欧州車を中心にしたドリームカーも展示、レトロなロンドンタクシーで市内を回遊できる企画も行う。

 時間は午前10時から午後5時まで。渡辺雄一副理事長、吉田光徳ブリティッシュ委員会委員長は「昨年本宮市に産声を上げた英国庭園を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。