【福島】「東京2020オフィシャルショップ」福島店オープン 東北初出店

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東北で初めて福島市にオープンした「東京2020オフィシャルショップ福島店」

 東京五輪・パラリンピックの公式ライセンス商品を取り扱う「東京2020オフィシャルショップ福島店」が13日、福島市のコジマ×ビックカメラ福島店内にオープンした。全国11店舗目で東北初の出店。

 同店2階の一角に約55平方メートルの売り場コーナーを設置。東京五輪の大会エンブレムが入った文房具やキーホルダー、Tシャツなど約700点の商品を取りそろえる。中でも目を引くのは大会マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」の特大ぬいぐるみ。全長130センチ、重さ6キロ弱で、一体14万400円(税込み)となっている。

 また、日本各地の伝統工芸品を公式ライセンス商品化した「伝統工芸品コレクション」も販売する。第1弾は福島など東北3県の伝統工芸品とのコラボレーション。本県分はオリンピックカラーの5色の筋が描かれている白河だるまと、大会エンブレムが大きくデザインされた大堀相馬焼のぐい飲みを発売した。同コレクションや新商品は今後も随時発表していく予定。

 売り場は来年9月末まで。年中無休。