【福島】「ラジウム最中」食べて 飯坂に新しい味、温泉むすめ・真尋パッケ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新発売の「ラジウム最中」をPRする沢田社長と飯坂真尋の等身大パネル

 福島市飯坂町の和・洋菓子店「パティスリーサワダ」(澤田屋本店)は6日、全国の温泉地の活性化を目指す「温泉♨むすめ」の人気キャラクター「飯坂真尋(まひろ)」をパッケージにあしらった「ラジウム最中」を新発売した。

 同商品は、飯坂温泉をイメージした飯坂真尋は「ラジウム玉子が好きで、趣味は果物狩り...」というキャラクターを生かし、飯坂名物のラジウム玉子の形をした最中で、中にはイチゴあんが入っている。飯坂真尋の限定シール1枚付きで、1パック(4個入り)880円(税込み)。

 飯坂真尋バージョンとは別に、クリ入り粒あん2個とクリ入り白粒あん2個セットのレギュラーバージョンもある。クリは玉子の黄身をイメージしたもので、価格は同じ。

 商品を手掛けた沢田健社長(37)は「飯坂真尋とのコラボ商品の第1弾。飯坂温泉のにぎわいに一役買いたい」とPRしている。

 営業時間は午前8時30分~午後6時。水曜日が定休。問い合わせは同店(電話024・542・2427)へ。