ベルギー特産品人気、時代背景に触れる ブリューゲル展・物販コーナー

 
オリジナル商品などが並ぶ物販コーナー

 郡山市立美術館で開催中の「ブリューゲル展 画家一族150年の系譜」の物販コーナーでは、展示作品をモチーフにしたグッズのほか、一族が拠点としたベルギーの時代背景や風土に触れる特産品などが人気を集めている。

 会場には、ポストカードやクリアファイル、図録などがそろう。展示作品があしらわれたベルギーの伝統的な織物ブランド「フェイラー」のハンカチ、チョコレートブランド「ゴディバ」のチョコレートやクッキーも並んでいる。

 このほか、ベルギー名産のビール5種を販売。各メーカーが地域の歴史やビールの特徴に合わせて製造しているグラスも取りそろえている。また、ヤン・ブリューゲル1世、2世が描いた昆虫や花をあしらったビンテージアクセサリーも人気を集めている。

 担当者は「作品はもちろん、国の時代背景や国について知ってもらえるようなグッズを集めた」とPRしている。