【興福寺と会津】音声ガイド好評 はなさんの声「やわらかい」

 
音声ガイドの機器を付け、国宝・法相六祖坐像「常騰」(興福寺)を鑑賞する来場者

 会津若松市の県立博物館で開催中の福島復興祈念展「興福寺と会津~徳一(とくいつ)がつないだ西と東」で、モデル・タレントのはなさんが作品を紹介する音声ガイドが好評だ。

 はなさんはモデルのほかテレビ出演やラジオDJ、ナレーションなどの幅広い分野で活躍している。音声ガイドでは、作品の見どころだけでなく、興福寺と徳一の関わり、同寺の歴史なども紹介している。

 山形県から夫婦で訪れた男性(62)は「パネル解説だけでは知ることができない、作品の歴史的背景が分かった。はなさんの声もやわらかくて、とても聞きやすい」と満足そうに話した。

 音声ガイドの機器は館内で貸し出しており、利用料は1台600円(税込み)。

 「興福寺と会津」展は8月18日まで。休館日は8日、16日、22日、29日、8月5日。観覧時間は午前9時30分~午後5時(最終入場は同4時30分)。一般・大学生1300円、高校生800円、中学生以下無料。