【興福寺と会津】映像作品上映始まる 映像作家・保山さん制作

 
興福寺の季節の移ろいを映像で楽しむ来場者

 開催中の福島復興祈念展「興福寺と会津~徳一(とくいつ)がつないだ西と東」では17日、奈良県在住の映像作家保山耕一さんが制作した「天平の祈り」の上映が始まった。

 保山さんはフリーカメラマンとして「THE世界遺産」「情熱大陸」などの人気番組の制作に携わり、現在は奈良県の自然や寺社の映像を撮影している。

 上映しているのは、保山さんがこれまで撮影した映像を一つにまとめたオリジナル作品。上映では、季節ごとに姿を変える興福寺をはじめ、豊かな自然、古都・奈良を思い起こす五重塔や仏像、折々の法要の様子などを見ることができ、展示とは違った仏の世界を感じることができる。

 上映は「維摩居士坐像(ゆいまこじざぞう)(国宝)」が展示されていたスペースで行っており、上映時間は40分。同展の開催期間中は常時上映している。