ミネアポリス美術館 日本絵画の名品展 【 文化

ミネアポリス美術館 日本絵画の名品展

 「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品展」は7月8日~9月5日、福島市の県立美術館で開かれる。米ミネソタ州にあるミネアポリス美術館は古代~現代の美術品約9万点を所蔵。中でも9500点に及ぶ日本美術のコレクションは質・量ともに世界屈指だ。
 展覧会では水墨画や狩野派、琳派、浮世絵など約90点を展示。北斎や写楽、俵屋宗達、伊藤若冲(じゃくちゅう)のほか、会津や三春に拠点を置いた雪村周継、白河藩お抱え絵師の谷文晁(ぶんちょう)、文晁に学んだ会津の佐竹永海ら県内ゆかりの絵師の作品も並ぶ。

会期 2021年7月8日(木)~9月5日(日)
場所 福島県立美術館
主催 県立美術館、福島中央テレビ、福島民友新聞社でつくる実行委、ミネアポリス美術館、読売新聞社
前売り券 一般1300円、学生900円、小中学、高校生600円
取り扱い店 県立美術館、とうほう・みんなの文化センター(県文化センター)、県庁消費組合、福島市役所売店、
福島交通飯坂線、阿武隈急行、うすい百貨店、會津風雅堂、
ファミリーマート、セブンチケット、ローチケ、福島民友新聞販売店
問い合わせ 福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)へ。