もうひとつの日本美術史 【 文化

もうひとつの日本美術史

終了しました。ご来場ありがとうございました。

 1970年に日本で5番目の近代美術館として開館した和歌山県立近代美術館と福島県立美術館のコレクションから、版画を中心に明治から平成にかけての名作約300点を展示します。棟方志功、斎藤清、山本鼎、横尾忠則らの作品により、日本の近現代を振り返ります。

案内チラシ

期間 2020年7月11日(土)~8月30日(日)
会場 とうほう・みんなの文化センター(福島市)
休館日:期間中月曜日(※ただし8月10日(月・祝)は開館)、8月11日(火)
会館時間 9時半~17時(入館は16時半まで)
観覧料 一般・大学生1,000円、高校生500円、小中学生300円
主催 福島県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、福島民友新聞社、福島中央テレビ
協賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン