福島空港―ベトナム、連続チャーター便 26日から運航開始

 

 県は20日までに、福島空港とベトナム・ホーチミンを結ぶ連続チャーター便が26日に就航すると発表した。現地の大手航空会社「ベトナム航空」が5月3日まで35便を運航する。乗り入れはベトナム側からのみ。

 県によると、福島―ベトナムの連続チャーター便の運航は3年連続。

 当初は現地の新興航空会社「バンブー航空」が運航を予定していたが、契約内容などの見直しに伴い、ベトナム航空が運航することになった。

 本年度の国際チャーター便の運航予定数は204便となり、前年度を58便上回っている。