「ミュシャ展」来場者3000人突破! 郡山市立美術館で開催中

 

 郡山市立美術館で開かれている「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」の来場者が25日、開幕から約2週間で3000人を超えた。3000人目の来場者は、いずれも二本松市の鈴木由美子さん(62)と佐久間深雪さん(58)。鈴木誠一館長が2人に作品のポストカードなどを贈った。

 鈴木さんは「驚いたけれどうれしい。いろいろな作品を見て楽しみたい」、佐久間さんは「色彩がとてもすてきな作品を見られるのが楽しみ」と話した。同展は郡山市立美術館、福島中央テレビ、福島民友新聞社でつくる実行委員会、ミュシャ財団の主催。福島中央テレビ開局50周年、福島民友新聞創刊125周年の記念事業で、12日に開幕した。

 来年3月7日まで。時間は午前9時30分~午後5時(最終入館は同4時30分)。観覧料は一般1500円、高校・大学生・65歳以上900円。中学生以下、障害者手帳を持っている人は無料。問い合わせは福島民友新聞社事業部(電話024・523・1334、平日午前10時~午後5時)へ。