レストラン「あんこうダイニング」 北茨城・まるみつ旅館に開設

 
「あんこうダイニング」で提供が始まった新商品「あん肝クリームパスタ」

 茨城県北茨城市の温泉旅館「あんこうの宿 まるみつ旅館」は4日、同旅館内にあん肝を使ったクリームパスタなどを味わえるレストラン「あんこうダイニング」をオープンした。武子能久社長は「アンコウ料理について多くの人に知ってほしい」と話す。

 同旅館は、茨城県沖などで漁獲されるアンコウを使った料理「あん肝ラーメン」などを開発してきた。6月にはいわき市小名浜にプリン専門店「4時間プリン店」をオープンさせ、アンコウに含まれるコラーゲンなどを使ったプリンが好評を得ている。

 レストランで提供する新商品「あん肝クリームパスタ」(1650円)は、あん肝の濃厚さを生かし、アンコウ特有の臭いを抑えたパスタソースを使った。いわき市産の卵などの食材も使用しており、幅広い年代の人々が食べやすいように工夫したという。

 武子社長は「さまざまなメニューでアンコウ料理を通年発信できる環境が整った。食べてみてほしい」と語った。

 営業時間は午前11時~午後2時。問い合わせは同旅館(電話0293・46・0569)へ。