秋元湖ワカサギ穴釣り「中止」 安全考慮、氷張らず今季見送り

 
湖面が凍らず、今季のワカサギ釣りが中止となった秋元湖=6日午後

 暖冬の影響を受け、猪苗代町と北塩原村にまたがる秋元湖の今季のワカサギ釣りは中止となった。猪苗代・秋元非出資漁業協同組合が6日、発表した。同漁協は穴釣りを楽しめるほどの十分な氷が張らないため、釣り客の安全を考慮した。

 同漁協によると、秋元湖でのワカサギ釣りは氷上で楽しむ穴釣りのみ解禁されている。中止は過去30年間で初めてという。昨季は1月26日~2月26日に約4000人が訪れた。

 同漁協の伊関利彰組合長(69)は「安全を重視し、やむを得ず中止とした。来年こそは湖面が凍り、釣りができることを願っている」と話した。

 北塩原村の桧原湖と小野川湖ではドーム船や屋形船によるワカサギ釣りが行われているが、まだ穴釣りは解禁されていない。