【アサザ】猪苗代湖畔に『黄色くかれん』 湖面を彩る水質浄化する植物

 
磐梯山を背景に湖面を黄色く彩るアサザ=6日午前、猪苗代町

 猪苗代町の猪苗代湖北岸で水生植物のアサザが咲き誇り、黄色いかれんな花が湖面を彩っている。

 猪苗代湖の自然を守る会の鬼多見賢代表(72)によると、今年は低温と雨の影響で生育が半月ほど遅く、花も少なめだという。

 アサザは、水に含まれる窒素やリンなどを吸収することから水質浄化の役割があるとされる。近年は異常繁茂するヒシに侵食されて年々少なくなっており、保護のためボランティアが苗の移植やヒシの除去を行っている。