【サザンカ】初冬の日差し...色鮮やかサザンカの並木 本宮「蛇の鼻」

 
初冬の日差しを浴びて色鮮やかに咲き誇るサザンカ=7日午前、本宮市・蛇の鼻

 本宮市の花と歴史の郷「蛇の鼻」で約100メートルにわたるサザンカの並木が見ごろを迎え、初冬の日差しを浴びて色鮮やかに咲き誇っている。

 蛇の鼻によると、約30本のサザンカは明治末期に植えられた。樹齢約100年の古木だが、花芽も多く、つぼみが残っているため、今月下旬まで楽しめる見通しだという。