花いっぱい!地域元気 86歳・金内さん植栽-白河・道路沿い-

 
「元気を届けたい」と花の手入れを行う金内さん

 白河市の金内フヂノさん(86)は、同市金勝寺地区の県営住宅や集会所付近の道路沿いに花を植え、花を通して地域住民に元気を届けている。

 金内さんは「花を好きになってくれる人が増えてほしい」との思いから、道路沿いに花を植え始めた。スイセンやチューリップなど100株以上の花が地域住民らの目を楽しませている。

 金内さんはほぼ毎日、道路沿いで花の手入れを行っている。色鮮やかな花が並ぶ場所はドライバーの心も癒やすスポットだ。金内さんは「多くの人が花を見てくれているのではないかと思う。花を見ていると自分も癒やされる」と笑顔を見せる。

 金内さんのお気に入りは、朝日に照らされた花々という。金内さんは「コロナウイルスに負けていられない。花をあちこちに植えて、元気を届けたい」と話し、美しい花の手入れを続ける。