笑顔でプランターづくり!花いっぱい運動参加-矢祭・矢祭小-

 
プランターにマリーゴールドを植える児童ら

 矢祭小の3、4年生の児童らでつくる「緑の少年団」は2日、同校で「花いっぱい運動」に使われるプランターに花を植えた。

 同運動は、町社会福祉協議会の赤い羽根共同募金配分事業の一環。町内の道路などの景色を花できれいにするため毎年実施されている。

 児童ら約100人が参加。同町のボランティア団体「景観まちづくり会」の協力の下、児童らはマリーゴールドをプランターに植えた。

 プランターは同団体の協力で町役場など町内の事業所に配布される。