会津農林高生「ベゴニア」プランター設置-磐越・磐梯山SA-

 
ベゴニアのプランターを設置する会津農林高生

 東日本高速道路(ネクスコ東日本)会津若松管理事務所は27日、会津農林高の生徒と協力し、磐梯町の磐越道磐梯山サービスエリア(SA)上り線にベゴニアのプランターを設置した。

 「花プロ」と銘打ち、休憩施設を花で彩って利用客の心を癒やそうと企画した。同校農業園芸科草花専攻班の3年生が2月ごろから育ててきたベゴニアのプランター約150基を提供。同事務所職員と生徒が協力し、白、ピンク、赤のプランターをハート形など思い思いの形に並べた。

 参加した男子生徒(17)は「考えてきたレイアウト通りに並べられるか不安だったが、思った通りに並べられて良かった」と笑顔。美しい花が県内を訪れる観光客らを出迎える。