チューリップ見ごろ!30年以上花壇整備-郡山・国道4号沿い-

 
「多くの人に見てほしい」と話す増子さん

 郡山市安積町の国道4号バイパス沿いの住民らが手入れしているチューリップが、見ごろを迎えている。30年以上にわたり花壇を整備している巳六段明るいまちづくり委員会の会長増子茂顕さん(77)は「今年も立派に咲いた。多くの人に見てほしい」と話している。

 国道沿いにある長さ約400メートルの花壇に約4500本のチューリップが植えられており、色とりどりの花を咲かせている。会員のほか、町内会や近くの店舗従業員ら約40人が昨年11月に球根を植えた。

 花壇整備を始めた時から関わる増子さんは「毎年続けるうちに町内会や近くの店舗から賛同を得られるようになった。範囲も広がり、花の種類も増えていった」と振り返る。増子さんは「これからも楽しみにしている人のため、植え続けていきたい」と笑顔を見せる。