【富岡】「桜のトンネル」温かな出迎え 富岡・夜の森、ライトアップも

 
気温の上昇で開花が進んだ夜の森の桜並木=5日午後、富岡町

 福島県富岡町のシンボルで、町民の心のよりどころとなっている夜の森地区の桜並木が5日、見ごろを迎えた。

 桜並木は約2.4キロにわたりソメイヨシノが道路沿いに並ぶ「桜のトンネル」として町民らに愛されてきた。東京電力福島第1原発事故で観桜できる範囲は03キロとなり、大半の21キロは帰還困難区域内にある。

 町民の要望を受け、町は6日、同区域内にバスを走らせ、車窓から花見を楽しんでもらう。

 5日からはライトアップも始まった。闇夜に桜並木が浮かび上がり、幻想的な光景をつくり出している。点灯時間は14日までの毎日午後6時~同8時。