【いわき】観測史上最速!いわきの桜『開花宣言』 平年より13日早く記録

 
開花が発表された小名浜特別地域気象観測所のソメイヨシノ=24日午後1時45分、いわき市

 いわき市の小名浜特別地域気象観測所(旧小名浜測候所)に植えられているソメイヨシノが24日、5輪以上開花し、生物季節観測を継承しているいわき観光まちづくりビューローと、小名浜まちづくり市民会議が観測史上最も早い「開花宣言」をした。

 開花は昨年より5日、平年より13日早い。観測が始まった1953(昭和28)年以降では、2002年の3月25日が最も早い記録だった。今回は、3本の標本木のうち2本で開花を確認した。

 観測を続けている元小名浜測候所解説官の島田栄二郎さん(76)は「1~3月は平年より気温が3度ほど高い日が続き、早い開花となったと考えられる。機会があれば桜を楽しんでほしい」と話した。満開は今月末ごろになる見込みだという。