【福島】〔ふくしま・さくらだより〕花見山 色とりどり「穏やかな春」

 

 福島市の花の名所、花見山が見ごろを迎えている。好天に恵まれた2日、観光客が春真っ盛りの光景を満喫した。遠くに見える吾妻小富士の山腹には、春の風物詩「雪うさぎ(種まきうさぎ)」がその姿を現しつつある。新型コロナウイルスの影響で昨年見送った観光客の受け入れを再開した。市観光コンベンション協会によると、ソメイヨシノやハナモモ、レンギョウ、ナノハナなどが満開となっている。感染症対策として、周囲の人と距離を取った散策などが呼び掛けられている。

 【アクセス】JR福島駅からバスで約15分