【二本松】「合戦場のしだれ桜」ライトアップ始まる 夜空に浮かぶピンク

 
珍しい見ごろの夜桜を楽しめる合戦場のしだれ桜

 樹齢約180年と推定される二本松市の桜の名所「合戦場のしだれ桜」が2日、ライトアップされた。見ごろを迎え、滝が流れるように咲き誇る濃いピンクの花が夜空に浮かび上がった。ライトアップは18日までの予定。

 ライトアップは、県舞台照明音響事業者協議会が毎年続けていて、今年は舞台用の照明25台で桜全体を照らした。例年、咲き始めのころに行われていたが、今年は開花が1週間ほど早まったことで、関係者が「これほど見ごろのライトアップは初めて」と言うほど、絶好のタイミングとなった。

 2日は点灯式が行われ、三浦勝真岩代観光協会長、三保恵一市長、安斎友国同協議会長らがスイッチを押して桜を浮かび上がらせた。点灯時間は午後6時~同7時。問い合わせは同協会(電話0243・65・2803)へ。