【ルピナス】色とりどり弁天山彩る「ルピナス」 南会津住民らが種まき

 
見ごろを迎えたルピナス

 南会津町田島地域の弁天山で、紫やピンクに色づいたルピナスの花が見ごろを迎えている。

 ルピナスはフジを逆さにしたように咲くため「ノボリフジ(昇り藤)」ともいわれる。弁天山のある横町区の住民が、2016(平成28)年ごろから遊歩道周辺の敷地約40アールにルピナスの種をまき、環境美化に努めてきた。

 現在では、地区外からのボランティアも集まり、地域一丸となって弁天山の魅力向上に取り組んでいる。湯田信吾区長(75)は「じゅうたんに見えるようルピナスの面積を増やし、多くの人が集まるスポットに育てたい」と笑顔を咲かせた。