【ダイコンの花】高原染めるかれんな『淡い紫』見ごろ 秋には実を収穫

 
高原の畑一面を淡く染めているアザキダイコンの花=金山町・太郎布高原

 金山町の沼沢湖に近い太郎布(たらぶ)高原で、ソバや大豆の畑に自生するアザキダイコンが、淡い紫色のかれんな花を一面に咲かせている。

 町特産のアザキダイコンは辛みが特徴で、そばの薬味として好まれる。雪が少なかったこともあり、今年は例年より早く開花。今週いっぱいが見ごろで、秋には実が収穫される。

 かれんな花が咲き誇り、訪れた人たちが写真に収めるなどして楽しんでいる。問い合わせは金山町観光物産協会(電話0241・42・7211)へ。