【ボタン】須賀川牡丹園が開園 「百花の王」咲き競う、最盛期は5月初旬

 
色鮮やかに咲き誇る促成栽培のボタン

 須賀川市の国指定名勝・須賀川牡丹園は16日、開園した。現在は促成栽培のボタンが咲いており、管理する須賀川牡丹園保勝会によると、最盛期は5月初旬になる見通し。同31日まで開き、開花状況に応じて有料開園とする。

 約10ヘクタールの園内に約290種、約7000株のボタンが植えられている。促成栽培のボタンのほかチューリップやシバザクラなどが見ごろを迎えており、来場者が色彩豊かな花を楽しんでいる。

 開園時間は午前8時30分~午後5時。早朝からボタンが楽しめるよう、見ごろに合わせて開園時間を午前6時に繰り上げる予定。入園料は高校生以上500円、小中学生200円。問い合わせは同会(電話0248・73・2422)へ。