園内に彩り...スイセンの花、安達ケ原ふるさと村 1万2000株見頃

 
かれんに咲き競っているふるさと村のスイセン

 二本松市の安達ケ原ふるさと村でスイセンが見頃を迎え、黄色いラッパの形をした「ピピット」などがかれんな花を咲かせている。今月いっぱい楽しめるという。

 スイセンは、地元住民でつくる安達ケ原ふるさと村の景観を良くする会が花で心を癒やしてもらおうと、8種類約1万2千株を植えて管理している。今年は3月中旬ごろに咲き始めた。

 今はピピットのほか、白い花とピンクの副冠が鮮やかな「ピンクチャーム」など遅咲きの種類が園路沿いに咲き競い、市民らが散策しながら、スイセンの花を楽しんでいる。