【ヒマワリ】大熊で力強く咲く「ヒマワリ」 太陽の恵み華やかに住民ら癒す

 
住民や沿道を通行する人たちの目を楽しませているヒマワリ=大熊町大川原地区

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が4月に解除された大熊町大川原地区の農地で、ヒマワリが見ごろを迎え、住民や沿道を通行する人たちの目を楽しませている。

 ヒマワリを通じて町の復興に貢献することを目指して2017(平成29)年12月に発足した「大熊町ひまわりプロジェクト」が6月、町役場北西の県道35号沿いにある農地計約2ヘクタールに種をまいた。町によると、今月中旬までが見ごろという。