【ニッコウキスゲ】『夏色』景色!尾瀬国立公園 ハイカーらに爽やかな風

 
大江湿原の群生地を黄色に染め上げるニッコウキスゲ=17日午前10時、檜枝岐村

 尾瀬国立公園の檜枝岐村側で、夏の尾瀬を代表するニッコウキスゲの花が見ごろを迎えている。

 尾瀬沼近くの大江湿原では、木道脇を黄色に染めた鮮やかな景色が広がっている。17日は曇り空だったが、訪れたハイカーたちが爽やかな風とかれんな花に心を癒やした。同村の尾瀬檜枝岐温泉観光協会によると、ニッコウキスゲは来週半ばごろまで楽しめるという。