【コバイケイソウ】初夏を彩るコバイケイソウ見ごろ 北塩原・雄国沼周辺

 
雄国沼周辺に咲き誇るコバイケイソウ

 北塩原村の雄国沼周辺で、初夏を彩るコバイケイソウの花が見ごろを迎えている。

 県自然保護指導員の山口恒憲さんによると、コバイケイソウの群生がこれだけ広がったのは十数年ぶりだという。特に同沼の木道入口周辺に多く咲き、雄国沼湿原を歩く登山客らが足を止めて見入っている。ニッコウキスゲの開花は20日ごろから。

 新型コロナウイルス感染防止のため、19日~7月11日は喜多方市から雄国沼に続く3林道と萩平駐車場は閉鎖。北塩原村側から登る探勝路は利用できる。